性器のトラブルの時に知っておきたい泌尿器科と性病科の違い

性病科

もし性病の疑いがある場合に泌尿器科に行くべきか、性病科に行くべきか気になることはありませんか?この記事では泌尿器科と性病科の違いを解説しています。
性病は性行為などによって感染してしまう性行為感染症で、性器ヘルペスやコンジローマなど男性器の変化がわかりやすい性感染症はすぐに見つけられますが、その他の性病については対象者は自覚症状がない時期に周りに感染させてしまっているケースが多いため注意が必要です。

また、風俗店に通っている男性などは、感染源として感染リスクが高いことも知っておかなければなりません。
若い男性もそうですが、高齢者などはなかなか検査に行きたがらない人も多いようですが、感染経路はどうあれ、自然に症状がなくなり治ってしまうような病気ではありませんので、性感染症の疑いがある場合は恥ずかしがらず、医療機関で診察を受けるようにして下さい。

性器のトラブルとは

男性の性器はペニスを陰茎といい、陰茎の付け根から垂れ下がっている袋(ひだ)状の器官を陰嚢といいます。
また、陰茎の先端は亀頭といいます。陰茎に「ブツブツ」・「しこり」・「痛み」・「水疱」・「亀頭が腫れる」などのトラブルはありませんか?
「尿道からの膿み」・「排尿時の痛み」・「尿の濁り」などはいかがでしょうか?睾丸の「腫れ」・「痛み」・「発疹」・「脚の付け根が腫れている」など……。
もしも、これらの症状が現れた場合は性病に感染している可能性があります。性病は主に、細菌性、ウィルス性、原虫などによる感染症です。いったん症状が治まってきてたとしても、何等かのもの感染していた場合は病気が完治したわけではないケースがほとんどです。
病気は確実に進行していると考えたほうがいいでしょう。

トラブルの際に行く病院は?

もし、性病が疑われる症状が現れた場合、あるいは性病が心配な場合、男性であれば泌尿器科で診てもらうことが可能です。

医師の診察で性病の検査が必要と診断された場合は検査を受けます。性病科が標榜されていれば、そちらで診てもらえます。
皮膚に症状が出ていれば皮膚科でも診察が可能ですし、腹部であれば内科でも診察が可能です。

泌尿器科を受診する際に、いつ頃、どういう行為をしたので性病が心配だということを伝えることで適切な検査をしてもらうことができます。健康保険を使わないと医療費が高くなってしまいますが、少しでも症状があれば、健康保険の適用が可能ですので、事前に医療機関へご確認ください。

泌尿器科とは

泌尿器科は尿に関する臓器および性器の病気を扱う診療科で、主に外科系を中心とした診療科です。
腎臓内科という科がありますが、境界は明確ではありません。女性には婦人科という診療科があります。具体的な診療対象の病名は、尿に関する悩み(排尿困難・尿漏れ・頻尿・血尿など)、膀胱炎、腎盂炎、性病(尿路および性器の感染症)、さらに男性に多い前立腺肥大症などです。

性病は感染症ですから、適切な治療で治せる病気です。しかし、治療のタイミングを逃すと治りにくくなってしまいますから、疑わしい場合は他の診療科ではなく、最初から泌尿器科や性病科を受診されることをおすすめします。

性病科とは

他の患者がいる泌尿器科に通院するのは恥ずかしいものです。性病は心理的にも非常にデリケートな病気ですから、スタッフ全員が男性であったり、受付や待合室が他の患者と顔を合わせにくいよう工夫されている性病治療専門クリニックがあります。

性病の症例を多く扱ってきた経験豊富な医師が担当してくれます。しかし、たいていは泌尿器科に含まれており、性病科を独立した診療科として設置している医療機関は少ないようです。これは、性病科という看板を出せば、来院する患者がかえって恥ずかしくなってしまうのを気遣う理由からで、性病の診察経験が豊富な医師が担当していても、性病科という診療科名を標榜しないことが多いようです。

それ以外の科はどうなのか

性行為や性的接触のあり方が多様化したことから、性病の症状や発症部位も様々になっています。

泌尿器科や性病科だけでなく、耳鼻咽喉科、皮膚科、内科、眼科、肛門科など、発症部位に応じた様々な診療科で診察を受けることができます。
クラミジア感染症や淋病で咽頭炎(のどの炎症)を引き起した場合、耳鼻咽喉科への受診が適切であるといえます。皮膚に症状がでた場合は皮膚科、全身症状は内科でも受診が可能です。
ただし、全ての病院が対応可能なわけではありませんので、検査治療を受けたい場合は事前に確認されることをおすすめします。
保健所などでもHIV検査などは受けることができますが、検査可能な性病の種類と受けられる日時も限られてしまいますのでこちらも事前に確認をした方が良いかと思います。

検査料について

検査料は病院検査なのか保健所検査なのかでも変わってきます。
性感染症検査については専門の機関で行う方も多く、その理由としては感染者に対して配慮が行き届いている病院や、治療の相談もできるため専門分野である診療科に行くという選択肢が取られているようです。
検査キットなどの病院に行かずとも、郵送で匿名検査として自分でも検査ができて、検査料もさほど高くないものもありますが、複合感染していた場合やその後の治療という面をふまえると、専門の医師がいる病院検査がおすすめです。

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎