包皮炎は自然治癒するの?放置したらどうなるのか解説します。

包皮炎が自然治癒しないので、悩む男性

亀頭包皮炎にかかってしまったら、自然治癒するのでしょうか。
もし、包皮炎を放置していたらどうなってしまうのでしょうか。

「できることなら、症状が治まるまでなんとか放置しておけたら……」と考える方もいらっしゃるかもしれません。性器周辺のトラブルは人には相談しづらく、放置してしまうことも。

しかし、亀頭包皮炎を放置してしまうと、さまざまな疾患の原因になる危険性があります。

ここでは、亀頭包皮炎が自然治癒するのか、放置しているとどのようなことが考えられるのかを詳しく解説していきます。

包皮炎は自然治癒するのか?

結論からいうと、
包皮炎は放置していても自然治癒することはありません。

亀頭包皮炎は、男性器のペニスの先にある亀頭や包皮がかゆくなる・赤くなる・ただれて痛みが出るなどの症状を発症する病気です。

亀頭包皮炎という病気は?

亀頭包皮炎には、黄色ブドウ球菌や大腸菌などが原因菌となる細菌性包皮炎と、カンジダ菌というカビの一種(真菌)が原因で起こるカンジダ性包皮炎があります。

包皮炎になりやすい人の特徴は、包茎です。包茎状態の陰茎は包皮により亀頭部分が覆われているため通気性が悪く、雑菌が繁殖を好む環境にあることが挙げられます。

病院・クリニックに行こう

亀頭や包皮に何か異常がある場合には、病院・クリニックなどの医療機関へ行き、医師の診察を受けて正しい治療薬を用いた、適切な治療方法を行うことが完治への近道です。

放置するとどうなるのか?

包皮炎を放置しておくとどのような症状が発症するのでしょうか。

包皮炎を放置していると、包皮炎の原因菌が尿道感染していき尿道炎を起こします。

尿道炎の症状

尿道の粘膜に感染した原因菌によってさまざまな炎症症状を起こします。

尿道部の違和感

軽いかゆみや熱感(灼熱感)を覚えることがあります。

排尿痛

尿道に炎症を起こすことによって、排尿すると尿によって尿道口が刺激され、痛むことがあります。痛みは軽度のことが多いです。

尿道から膿が出る

尿道口から排膿といって、膿が出ることがあります。膿は少量のケースが多く、性状は白くサラサラとしたものから、やや粘り気もあるもの。原因菌によっては、淋菌性尿道炎の時に見られるような黄色から黄緑色に近い粘性が強い膿が出る場合もあります。

発熱

陰部だけでなく、全身的に微熱が出ることもあります。

治療を途中でやめた場合は?

亀頭包皮炎は治療を開始すると、症状が劇的に軽減していきます。
辛かった症状が軽減すると「完治した」と思い、治療を途中でやめてしまう人が多いのも事実。

治療方法は?

包皮炎の治療方法は、細菌性包皮炎の場合には抗生物質の内服薬や抗生物質の外用薬である軟膏が用いられ、カンジダ症であるカンジダ性包皮炎の場合には抗真菌薬の外用薬の塗布といった方法が用いられます。炎症が強い場合には、ステロイド剤の軟膏をプラスして用いることもあります。

包皮炎の治療方法については、こちらの記事に詳しく解説しています。
亀頭包皮炎がいつまで経っても治らない!その原因と治療方法とは

再発を繰り返し治りづらくなる

包皮炎の治療を途中で止めてしまうことで、効いていた抗生剤や抗真菌剤が効きづらくなる可能性があります。
また、再発を繰り返すことになり、治療期間が長引く結果になることも。

併発しやすい病気は何があるのか

包皮炎や尿道炎を起こすことによって、さまざまな疾患を併発しやすくなります。

亀頭・包皮・尿道が炎症を起こしていることで、炎症部位の粘膜や皮膚が弱くなってしまいます。弱くなるということは、炎症することにより傷つきやすく、抵抗力が下がるということ。
つまり、感染症に感染しやすくなってしまうということです。

尿路感染症

包皮炎を放置していて尿道炎まで発症し、更に放置していると尿路感染症という泌尿器のさまざまな疾患を併発する上行感染ということになります。

主な尿路感染症

  • 尿道炎
  • 膀胱炎
  • 腎盂腎炎

などが挙げられます。

性感染症

亀頭包皮炎は厳密には性感染症ではありません。
しかし、亀頭包皮炎は放置したまま、性交渉を行うことで、性感染症への感染リスクが高まります。

淋菌感染症

淋菌が尿道に感染すると淋菌性尿道炎を起こします。尿道炎の4割ほどは淋菌性尿道炎とされており、患者数は多いと考えられます。淋菌が原因ではない尿道炎は非淋菌性尿道炎とし、区別されています。

症状:辛く感じるほどの排尿痛・黄緑色から緑色に近い粘り気が強い膿が多く排出される

クラミジア感染症

クラミジア・トラコマチスが感染部位に感染して起こる性感染症の一つです。

尿道にクラミジアが感染すると尿道炎を起こします。包皮炎が原疾患となって、クラミジアに感染することもあります。クラミジアが原因で起こるクラミジ尿道炎は自覚症状が乏しく、気づかぬ内に自らが感染源となり、感染拡大してしまうことから、性感染症の中でも、感染者数は多い性病です。

症状:やや軽度の排尿痛・透明から白色の粘性の少ない膿が排出される

その他の性感染症

性器(亀頭・包皮周辺)が炎症し、抵抗力が落ちていることで、粘膜感染する性感染症には、易感染状態にあります。感染力が強い性器ヘルペス・粘膜感染で広がる梅毒などにも感染しやすく、その他にも感染経路が似通っているHIV感染症などの性感染症には注意が必要です。

まとめ

包皮炎は自然治癒することなく、適切な治療方法が必要なことがわかりました。

また、自然治癒を待ち放置していることで上行感染による尿路感染症や、危険な性感染症に感染しやすくなることも……。

もし、亀頭周辺や包皮が痛い・痒い・赤みがあるなどの何かしらの症状がある場合には、自己判断や自己治療で放置せずに病院・クリニックなどの医療機関へ行き、専門家である泌尿器科や性病科の医師の診察を受けるようにしてください。早期治療が包皮炎を完治させ、治療期間を短くするためにも必要なことになります。

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎