亀頭包皮炎がいつまで経っても治らない!その原因と治療方法とは

包皮炎が治らない

陰茎や亀頭が赤く腫れてかゆみや水ぶくれなどの異常があると、性病にかかってしまったのではないかと不安になる男性も多いのではないでしょうか。
その病気は、日常生活のちょっとした行動によって引き起こされる「亀頭包皮炎」という病気かもしれません。
亀頭包皮炎は性行為をしていない子どもでもなる可能性がある感染性疾患で、適切な対処を行えば完治も難しくありません。
ここでは、亀頭包皮炎についてくわしく説明していきます。

治らない理由とは?

「亀頭包皮炎がなかなか治らない」という人はお風呂やシャワーでペニス周辺を洗いすぎていることが多いです。
亀頭包皮炎は細菌類が陰部に感染し炎症を起こしている病気ですが、バイ菌がいるからといって洗いすぎると治りが遅くなることがあります。
洗いすぎることでタオルなどの摩擦により陰部に傷が増え、繁殖を促してしまい炎症を悪化させてしまうことがあるからです。
また、殺菌力の強い石鹸やボディソープを使えばいいというわけでもありません。殺菌力が強いということは、皮膚にいなければならない常在菌という菌類を殺してしまう可能性があります。常在菌がいなくなると皮膚の細菌バランスが乱れてしまい、亀頭包皮炎が治らない原因となるケースもあります。

時間が経っても治らない理由とは

亀頭包皮炎は一度発症すると治りが遅く、再発の可能性が高い病気です。
原因は洗い過ぎのほかに、包茎などで陰部が不潔になりやすいといった理由が挙げられます。不規則な生活やストレスなどで免疫力が低下しているときなどは、身体の免疫が普段は害のない菌類に負けてしまい完治が遅くなります。

細菌性とカンジダ性

亀頭包皮炎は陰部の小さな傷から細菌類が侵入し、皮膚に菌が住みつくことで起こる炎症性疾患です。包皮炎には、
細菌による細菌性亀頭包皮炎と、カンジダ菌というカビの一種である常在菌が原因のカンジダ性亀頭包皮炎の2種類に分けることができます。

亀頭包皮炎の原因を知ろう

亀頭包皮炎には大きく分けて2つの種類があります。原因菌が違うのでくわしく説明していきます。

細菌性亀頭包皮炎

細菌性亀頭包皮炎は、陰茎亀頭(男性器)の包皮にある傷などから細菌が侵入し患部に炎症を起こす病気です。原因となる細菌は大腸菌や黄色ブドウ球菌などさまざまなものがあり、身体が疲れている・免疫力が低下しているというときに包皮炎の症状を発症しやすくなります。

カンジダ性亀頭包皮炎

カンジダ菌は人の身体(皮膚)にいる常在菌でカビの一つです。
通常であれば害を及ぼすような菌ではなく、放っておいても問題ない菌ですが免疫力が低下してしまっている場合に皮膚が炎症を起こす原因となります。
カンジダ症というと性感染症(STD)というイメージが強いのですが、性体験をしていなくても常在菌のバランスが乱れることで発症するので、性交渉が原因とも限らないのです。

2つの包皮炎は症状が似ている

この2種類の包皮炎は炎症を引き起こす菌が異なるだけで、傷口や皮膚に菌が増殖し炎症を起こすメカニズムは共通しています。そのため、赤くただれて腫れる・水ぶくれが起こるなどの症状は似ており、素人判断では細菌性なのかカンジダ性なのかを判断することはできません。

また、細菌性の場合でも免疫力が低下していることでカンジダ性包皮炎も併発してしまうことがあり、その逆のパターンも考えられます。
どちらかだけの治療を行っていても完治しない場合があるので、何が原因で炎症が起こっているかは専門家である医師に検査・診断してもらいましょう。

治療方法知ってきちんと診てもらおう!

亀頭包皮炎の原因は、大きく分けて2種類あり、そのタイプに合わせた治療方法を行うことが一般的です。
原因となる菌のタイプに合わせた治療を行わない場合、症状を悪化させることになります。

細菌性包皮炎の場合

細菌性の場合、抗生物質の内服薬や外用薬を使用します。症状に合わせステロイド含有の塗り薬を使用することもありますが、効果には個人差があるため、医師の経過観察のもと使用する薬を調節していきます。

カンジダ性(真菌性)包皮炎の場合

カンジダ菌は真菌であるため、治療には基本的に抗真菌剤の軟膏の塗り薬を使用します。こちらも同様にステロイド含有の塗り薬を使用する場合があり、医師の経過観察のもと薬を調節する必要があります。

どちらも感染している場合

細菌性とカンジダ性(真菌性)の
どちらも感染している可能性が高い場合、抗生物質と抗菌薬の両方を使用します。
使用する薬の配分や量などは個人差がありますので、必ず医師の判断のもと使用するようにしてください。

自然治癒はするのか?

亀頭包皮炎は、自然治癒がとても難しい病気です。
なぜなら、亀頭包皮炎になる原因の細菌やカンジタ菌は蒸れやすく、通気性の悪い場所を好む所からです。
陰部は日常的に下着や洋服に覆われた状態でとても蒸れやすく、また汚れやすいので雑菌のエサとなる垢などが溜まりやすい構造となっています。つまり細菌やカンジダ菌が繁殖しやすい場所になってしまうのです。

自宅で治療しようとしても自分がかかっている亀頭包皮炎が細菌性かカンジダ性かわかりません。そうしたことから、細菌性包皮炎に市販薬のカンジタ菌用軟膏を塗る、カンジダ性包皮炎に細菌用の抗生物質や抗菌薬などを塗るなどの間違った治療を行うケースが多くあります。
間違った治療を続けていても亀頭包皮炎を治すことはできません。

泌尿器科や性病科に通うのは恥ずかしいという人や時間がないという人もいますが、専門の医師の適切な治療を受けることが亀頭包皮炎完治への最短ルートになります。

まとめ

大腸菌や黄色ブドウ球菌などの細菌、カンジタ菌は当たり前に身の回りに存在する菌類です。しかし、身体が疲れ免疫力が低下してしまうと亀頭包皮炎のような疾患を発症させてしまうことがあります。

亀頭包皮炎は一度感染してしまうと、自分の力では治すことは難しく、またカンジタ性亀頭包皮炎の場合には再発率が高いとされているので、病気にならないような規則正しい生活を心がけてくださいね。

もし陰部に異変を感じたときには、すぐ病院やクリニックなどの専門医療機関に行き医師の指示の下、正しい治療を受けることをおすすめします。

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎