コンジローマが感染する理由は性行為だけではない?

感染の可能性があるもの

”コンジローマ”と聞いて皆さんはどんなことを思い浮かべますか?
多くの方が性感染症(STD)だということはご存知かと思いますが、コンジローマは実は性行為だけが感染経路ではないのです。
この記事ではコンジローマに感染しないように気をつけておきたいことや、もしコンジローマに感染してしまったときに注意しなければならないことなどをまとめましたので、ご紹介していきます。

コンジローマが感染・発症する原因

尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルス(以下、HPV)の感染によって生じるイボ(腫瘍)の一種です。
主に感染者との性行為感染することから、患者の大部分は性行為が活発である若い世代に多く発症する傾向にあります。

尖圭コンジローマに感染してもイボができない場合も多くあり、症状があらわれていなかったとしても、HPVを保有している人と性行為を行うと感染してしまう恐れがあります。
そして尖圭コンジローマに感染している人と性行為を行った場合は、60~70%以上もの確率で感染するといわれています。
HPVは皮膚や粘膜にできた小さな傷が侵入経路となるので、性的行為以外でも感染者とのスキンシップなどで感染することもあります。

コンジローマの感染経路の多くは性行為

尖圭コンジローマができる主な原因は性的行為です。
尖圭コンジローマのウイルスであるHPVは通常、性器や肛門・お尻周辺の皮膚や粘膜に潜伏しており、皮膚や粘膜の小さな傷から侵入します。性行為のときに皮膚が擦れることで目に見えない傷ができ、その非常に小さな傷からウイルスが侵入する可能性があります

また、皮膚に傷があるとHPVは侵入しやすいため、アトピー性皮膚炎など皮膚に炎症をおこしている人は、特にHPVに感染しやすい傾向にあるといえます。
そして皮膚や粘膜との直接的な接触が感染の原因であるため、オーラルセックスや素股など、どのような性行為であっても接触さえすれば感染する可能性があるといえます。

性的行為以外の感染原とは(皮膚や粘膜の傷口から感染)

先ほども述べたように尖圭コンジローマを引き起こすタイプのHPVは、主に性行為で感染します。それ以外の感染経路で感染する可能性は非常に低いといわれています。
尖圭コンジローマは膣内や尿道などの粘膜に付着しているため、キスやまわし飲みなどその他の体液で感染することはありません。

しかしお尻付近にイボがあり座った時に潰れてしまった場合は、温泉のイスやサウナ、温水便座などから感染する可能性があります。
また、尖圭コンジローマができるのは主に性器や肛門の周辺ですが、口に感染することがまれにあるといわれています。

感染者が周りに移さないように気を付けなければならないこと

尖圭コンジローマは感染症ですので、周囲にうつさないに下記の事に注意しましょう。

  • 完治するまで性的行為をしない
  • 温水便座を使用しない
  • 入浴時のタオルやスポンジ、バスタオルを共用しない
  • 入浴時のイスを他人と分ける、やむを得ない場合は洗浄する
  • 温泉など裸で不特定多数の人が利用する所には行かない
  • 女性の場合は出産時に産道で胎児に感染する場合があるため完治するまで妊娠しないようにする

少しでも気になる・心配な時は検査を

尖圭コンジローマは、長期間放置していると男性の場合、大きくなったイボがペニスを覆い、排尿や射精が困難になってしまう場合があります。
また、女性の場合、感染したまま妊娠したり、妊娠中に感染してしまうと、分娩時に赤ちゃんに感染する恐れがあります。その際には帝王切開が必要になる場合もあるので、早期治療が重要です。

尖圭コンジローマの検査方法は男女ともに視診が基本となります。視診が必要なので尖圭コンジローマが疑われる場合には、速やかに医療機関に行き、医師の診断を受けることが大切です。
男性の場合はイボができていない状態では検査をすることができないとされています。
女性の場合は膣内部の粘膜を綿棒で採取し検査をすることが可能ですので、イボができていない場合にも検査は可能です。

もし、医療機関に行く事に抵抗がある方は、インターネットで匿名性病検査キットを注文し自宅で検査することも可能にはなっています。
尖圭コンジローマは感染し、症状が現れてしまうと完治までに非常に時間のかかる病気で、一度切除したとしても再発した際には、またイボが出来てしまうことを繰り返すので、その都度対処する必要があります。
もし、自身の身体にコンジローマの症状が現れた場合には早急に治療を始めるのがベターです。

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎