クラミジアの治し方って何があるの!?治療方法とその費用とは

クラミジアの治療法

クラミジアは日本で最も多い性感染症で、女性が感染していても自覚症状がないことから、知らないうちにうつされてしまうことがあります。また、オーラルセックスでも感染する可能性があります。
気になる症状が現れ始めた場合は早めに医療機関を受診し、治療を行うことが大切です。早期発見・早期治療は治療期間と費用を節約することにもつながるからです。

クラミジアの症状

クラミジアの症状は主に性器の痒みなどが現れます。
これは、クラミジア・トラコマチスという病原菌が感染することで尿道が炎症を起こし、患部の腫れや痒みを引き起こすからです。
排尿時に痛みを感じる場合や、膿が出てくるケースが多く、症状が進行すると睾丸が腫れてしまう場合もあります。そしてクラミジアが原因で発熱することもあるため、原因不明の熱が続く場合にも注意が必要です。

また、クラミジアが性器だけではなく喉に感染した場合は、喉の腫れや痛み、発熱などの症状が出ます。
クラミジアに感染するとHIV(エイズウイルス)に感染する確率が高まる事でも知られており、気になる症状があった場合には早目に検査を受けた方が良いです。

男性のクラミジアの治療方法とは

抗生物質が主な治療

クラミジアの治療には主に抗生物質が使用されます。患部の炎症がひどい場合は湿布で冷やすなどの処置が取られる場合もありますが、市販の薬では対処出来ないので注意が必要です。

基本的には内服薬、時には点滴も

基本的な治療方法としては内服薬を用いますが、症状がひどい場合は点滴が行われます。睾丸が腫れるなど重症化している場合には手術が行われることもありますが、そこまで悪化することは稀で、痛みがひどくて歩けない等、重症化している場合に行われる程度です。

内服薬を飲み続けて、症状が改善し、身体からクラミジアが検出されなくなったら治療が終了します。ただし、再発の恐れもある点に注意が必要で、治療が終わった場合も数週間置いて再検査を受けた方がより確実です。自分が感染源となって他人に感染を広げてしまう可能性もあるため、安全性を優先した方が良いかと思います。

治療期間について

治療期間は長くても1週間ほどと言われており、1週間経って治らない場合は再度薬が処方されるという仕組みになります。
治療が終わって再発が無いか確認するには、3~4週間程度待って再度検査を受けた方が良く、安全な性生活を過ごすためにも重要な検査です。

しかし、治療の期間は症状の重さや処方される薬剤の種類によっても変わります。持病がある場合や体力面に不安がある場合は強い薬剤を使えないケースも出てくるため、体質などによっても条件が異なります。
一般的に内服薬は1日から7日分処方されるのが基本で、症状が軽ければ1日で治るケースもあり、翌日にはクラミジアが検出されなくなることもあるのです。

治療にかかる費用とは

クラミジアは保険治療の適用を受けられるため、診察費用と薬代を合わせて3,000円から10,000円程度で済むと言われています。ただし、泌尿器科や性病科で診察を受ける必要があるため、初診費用が余分にかかるケースが多くなっています。また、医療機関によって検査料金の違いがあり、薬代などが高くなることがありますので各医療機関に確認をしてみてください。

検査キットの場合

検査キットの費用は、使用するキットによっても変わってきますが、安くて数千円のものから10,000円を超えるものまであります。
検査キットを使った検査は、一度キットで採血などを行い検査機関に送って調べてもらう必要がある為、結果がわかるまでに時間が掛かります。ですので、症状が出始めている場合には不向きです。

自治体で性病の検査を行っている場合もありますが、開催時期や検査を受けられる病気の範囲は自治体によって異なるために、すぐに検査を受ける必要がありそうな場合は、専門的な医療機関を受診されるのが良いでしょう。

保険の適用はどうなるの?

自由診療で治療や診察を受けた場合は保険の適用外となるため、さらに費用が高くなることもあります。病院の治療方針等によっては全額自費負担で数万円単位の費用が発生することがあります。
性病専門の病院等は全額自費負担になる事もあるためホームページなどで確認することも重要ですね。

まずは検査を

クラミジアは初期症状では男性でも自覚症状がない場合があります。クラミジアが疑われる症状が出てきた場合は自然に治癒する可能性は低いため、早目に検査を受ける必要があります。泌尿器科や性病科などの医療機関で診察を受けるのが基本で、迅速な治療に繋げやすくなっています。

もし、なにか気になる・なんだかおかしい、といった違和感や不快感から始まり、痛みや腫れなどの自覚症状が出てきた場合には、速やかに専門の医療機関に行き、医師の診断を受けることが重要です。
早期発見・早期治療が回復への近道です。

クラミジアの検査について詳しく説明していますので、コチラの記事を参考にしてください。
出来れば早く終わらせたい!クラミジアの検査時間と検査方法

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎