クラミジアはコンドームで防げる!正しい対策でしっかりと予防する

クラミジアはコンドームで予防

コンドームをしていればクラミジア感染症を始めとする性感染症(性病)への感染を防げると考えている方は多いのではないでしょうか。

性病の中でも感染者数が多いクラミジアは、コンドームを正しく使用することである程度は感染予防ができる性感染症です。しかし、コンドームを誤った方法で使用し性行為を行うと、コンドームを使っていたとしてもクラミジア感染を広げてしまうことがあります。

ここでは、性行為を行う際にコンドームを使用して、クラミジアの感染予防効果を高められるのかを様々な視点から見ていきます。

コンドームを装着していても感染するか?

クラミジア感染症という性病は、基本的にコンドームを装着していれば感染を防ぐことができます。
そもそも、コンドームは避妊と性病予防の目的で作られた道具なので、感染を予防する効果は十分あります。

しかし、使い方や性行為の状況によってはコンドームをつけていてもクラミジアに感染してしまう場合があります。
そこで気になってくるのが、感染する条件や注意すべきかというところ。そんな方のためにどういう状況なら感染しないか、何に注意すべきかを解説していきます。

コンドームで覆われた部分は防げる

コンドームというのは男性の陰茎部分を覆う構造の避妊具です。そのため、陰茎に付着したクラミジアや、精液や性分泌液からの感染は防ぐことができます。
しかし、陰茎以外の部分にウイルスを含んだ分泌液などが付着していた場合、分泌液を介してクラミジアを感染させてしまうことがあります。

コンドームの間違った使用方法が原因の感染

コンドームをしていたにもかかわらずクラミジアに感染してしまったケースに多いのが、間違った使用方法をしていた場合です。

コンドームは本来、性行為の最初から最後までしっかりと陰部に装着し、中に放出された精液を手で触れることなく捨てられるように作られています。
しかし、

  • 挿入行為が始まった際は付けずに、後から着用した
  • 装着方法を間違え、膣内でコンドームが破れた or 外れた
  • 行為が終わった後、精液や膣分泌物を手で触れ、自身/相手の粘膜部分に触れた

などの状況では、粘膜同士が直接触れ合っているため、感染しやすいケースになります。

クラミジアの原因菌は触れ合った粘膜から感染してしまう可能性が高いため、コンドームは使用方法を守り、正しく扱うようにしましょう。

オーラルセックスの場合

オーラルセックスも感染原因の一つ

クラミジアの原因菌は、尿道の粘膜や子宮頸部の粘膜に感染するウイルスです。

しかし、性器同士の接触を防ぐためにコンドームをつけていれば感染確率を下げられるのか、というと一概にそうは言い切れません。例え挿入行為にコンドームを使用していても、クラミジアの感染経路を完璧に遮断することはできないのです。

まず、クラミジアは性器の粘膜だけではなく、眼球や喉など体内のさまざまな粘膜部位に感染します。そのため、挿入時にコンドームを使用していたとしても、ゴムを着用していない性器に対してオーラルセックスを行っていたりすると、咽頭クラミジアに感染してしまうことがあります。

咽頭クラミジアに感染したパートナーが口で性器への愛撫を行うことによって、そのクラミジアは性器にも感染を広げていきます。つまり、オーラルセックスは咽頭クラミジア、性器クラミジアの両方をパートナーに移してしまう可能性が高い行為です。

「咽頭クラミジア」はキスだけでも感染する?

咽頭クラミジアは粘膜と粘膜が触れ合うことで感染する性感染症です。

その代表的な行為の一つがキスです。
海外の人々が挨拶代りに行う軽いキスや、唇を触れ合わせるだけの軽いキスなどでクラミジアに感染する可能性は低いとされています。
身体の免疫力が著しく低下している、唇や口腔内に傷がある、粘膜に唾液が触れる可能性がある場合などは、軽いキスでも感染してしまうことはあるでしょう。

クラミジア感染の恐れがあるキスとは、お互いの口腔内で舌や唾液をからませ合うディープキス、と呼ばれるものです。感染者の咽頭で増殖したクラミジアが唾液を介して、口内に送り込まれることで咽頭クラミジアに感染する可能性が高くなります。

挿入行為に及んだ場合

「挿入行為」のみならばコンドームでの感染予防はできる

性行為を行う時、挿入行為だけであれば、コンドームでもほとんど失敗せずクラミジアの感染を予防することは可能です。

クラミジアに感染している自覚がある場合、パートナーが感染している場合には、性行為は避けてください。

どんなに感染を防げるといっても、質の悪いコンドームであった場合や間違ったゴムの使用方法の場合には予防の意味がなくなってしまいます。
間違った使用方法のまま性行為を行うことで、コンドームが膣内で破れたり、外れてしまったりすると、クラミジアの感染確率は高まります。

正しくコンドームを使用し、感染確率を下げるために、品質チェックのポイントと使用方法を改めて確認してみましょう。

コンドームは傷と製造時期をチェックしよう

コンドームの質がいいといっても、「値段が高い高級品を使用しなければいけない」ということではありません。使用する製品は薬局に並んでいるもので十分ですが、チェックするべきポイントは、その製造年月日と包装の傷です。

コンドームに使用されている素材は、年月が経つにつれて劣化していきます。
製造年月日が古いコンドームを使用してしまうと、劣化が原因で破損したり、分泌液が漏れしまったりしてしまうこともありえますので、外装の破損にも十分注意をはらいましょう。
外装に引っかき傷のようなものがあったら、本体にも穴があいている可能性があります。

見た目で分からないくらい小さな穴だったとしても、分泌液が漏れ出てウイルスを外に出してしまう原因となるので、もったいないと思っても傷ついたコンドームは破棄して新しいものを使用しましょう。

薬の付着でも素材が劣化する可能性がある

コンドームに医薬品の軟膏やハンドクリームなどが付着すると化学反応が起き、その部分に穴が空いたり、劣化したりします。どの薬剤は平気で、どの薬剤がダメなのかは素材や成分によって一概には言えません。コンドームを扱う時には、指先や性器に医薬品が付着していないかもチェックしておきましょう。

正しい装着方法を確認して使用

コンドームには正しい装着方法があります。
たとえば、先端の精液がたまる突起した部分は、装着する際に指で空気を抜いておかないとピストンの圧によって、コンドームが破裂し破損の原因となります。

また、勃起が不完全な状態であったり、中途半端な位置での着用、根元までしっかり装着しない状態で性行為をすると、コンドームが外れてしまう可能性が高いので、しっかりと着用できているか確認しましょう。

まとめ

クラミジアは、コンドームさえ装着すれば100%予防できる!とはいえません。
例えコンドームを装着していたとしても、粘膜同士が触れ合えば、クラミジアに感染することがありますし、咽頭クラミジアを介して性器クラミジアになってしまうこともあるでしょう。

また、間違った使用方法で扱っているコンドームは、着けていないのと変わりはありません。そういった状態では、たとえ毎回コンドームを装着してパートナーと性行為を行っていても、クラミジアが感染してしまうことはあります。

ですが、コンドームを装着することでクラミジアの感染確率を大幅に下げることはできます。実際に、コンドームは避妊目的だけではなく、性病予防としても着用が推奨されていますので、正しく装着し感染リスクを減らしていきましょう。

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎