クラミジアの初期症状は尿道炎!?発症部位と期間まで解説します

クラミジアが原因の尿道炎

クラミジアの初期症状は、尿道炎症状から始まるという話を聞いたことはありませんか。

クラミジアの原因となるクラミジア・トラコマチスという細菌は、粘膜の接触による性行為等で感染し、膣や尿道などの粘膜の細胞内に住みつきます。初期症状は、男女ともに尿道炎として表れることがほとんどです。一般的に、排尿時の痛みや残尿感などの症状が現れますが、症状が軽い場合もあるため見逃さないよう注意が必要です。

そこで注意しなければいけないのが、感染したかどうかの判断材料にもなる初期の症状。ここでは、男女別の症状や、発症部位、期間などについて詳しく解説していきます。

症状は尿道炎から始まる

クラミジアは、通常のセックスだけでなく、オーラルセックスやアナルセックスなどさまざまな性行為によって感染します。相手が咽頭クラミジアに感染している場合には、ディープキスでも感染する可能性があります。クラミジアに感染すると、初期症状として、男性の場合には尿道炎の症状を発症することが多くなり、咽頭クラミジアの場合には初期症状は喉の痛みや発熱(微熱)などの風邪症状に似ています。

感染経路

クラミジアに感染すると、クラミジアの原因菌のクラミジア・トラコマチスが粘膜の細胞内に住み着つき増殖します。クラミジアは空気や水の中では生きていくことはできません。そのため、空気感染や入浴による感染はないとされています。

性器クラミジア感染症の場合

男性の場合は精液に、女性の場合は膣の分泌物にクラミジア菌が多く存在します。性器同士の性交渉では、性器クラミジアに感染します。また、咽頭クラミジアに感染している感染者とのオーラルセックスによって、性器に咽頭のクラミジアが感染してしまいます。

咽頭クラミジア感染症の場合

咽頭クラミジアは、性器クラミジアに感染している感染者の性器へのオーラルセックスによって感染します。また咽頭クラミジア感染者と長く粘膜が触れ合うような、ディープキスによっても感染する危険性があります。

男性の場合の初期症状

クラミジアに感染して1~3週間の潜伏期間後に症状が現れますが、症状が軽い場合には感染していることに気が付かないこともあります。

尿道炎の症状

尿道の違和感やかゆみ、排尿時の痛みから始まり、射精時に痛みを伴う場合もあり、尿道から透明や薄い白色の水のようにさらさらした性状の膿が出ることが多いです。

放置していると感染拡大も

症状が軽く感染していることに気が付かない場合、適切な治療を受けず放置されがちです。しかしクラミジアは症状が落ち着いても、基本的に自然治癒することはありません。感染拡大を予防するためには、症状を見逃さずに治療を受けることが大切となります。

クラミジアを放置した場合についてはこちらでも詳しく解説しています。
クラミジアを放置するとどうなる?自然治癒はするのか?

女性の場合の初期症状

 女性の場合クラミジアに感染しても症状が軽い場合が多く、見逃されやすい病気の一つとなっています。最近は男性に比べ女性の感染者数が増加傾向にあり、特に10代の若い世代に感染が多く見られるようになってきました。

膣炎・子宮頚管炎の症状

女性の初期症状は、下腹部の痛みや違和感・性交痛・おりものが増えるなどの症状が現れます。性感染症の1つである淋病に感染した時は、陰部やおりものから強い臭いがすることがありますが、
クラミジアの場合はあまり臭いが強くありません。

不妊症の原因にも

女性がクラミジアに感染した場合、ほとんど症状がない場合が多いため、気付かないこともあります。放置すると、卵管炎や骨盤腹腔炎をおこし、不妊症の原因となる可能性もあるため注意が必要です。

男性の上行感染について

上行感染とは、感染が他の部位に広がっていくことを指します。

男性の場合、尿道炎から前立腺炎、精巣上体炎の順に感染が拡大していきます。前立腺は膀胱に接しているため、前立腺に炎症がおこると膀胱炎に似た症状が現れます。また、精巣上体炎がおこると、陰嚢が腫れ、痛みが生じ、時には発熱を伴うこともあります。

女性の上行感染について

女性の上行感染は、膣炎、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹腔炎の順に炎症が広がっていくとされています。腹痛やおりものの増加などの症状が現れます。卵管炎をおこし卵管が癒着すると、精子や受精卵の通過を妨げてしまうため不妊症の原因となることもあります。骨盤腹腔炎をおこすと、下腹部痛や膿のようなおりもの、発熱などの症状が現れます。

どのくらいの期間で症状が出るのか

潜伏期間とは、
感染しても症状が現れずに経過する期間のことです。

クラミジアの場合、潜伏期間は一般的に
1~3週間程度と幅があります。これは感染したクラミジアの原因菌の量によって増殖の速さに違いがあるためです。咽頭クラミジアに感染した場合は、細菌の数が少ないため、感染してから細菌が増えて症状が現れるまでに
1か月以上かかる場合もあります。クラミジアの検査は、感染した可能性のある日から3日程度経過していれば、自覚症状がなくても検査は可能となります。

身体のどこに発症するのか

尿道は、膀胱から尿道口までの部位を指します。男性の尿道の長さは16~20cmあり、S字状に曲がっています。女性は膀胱から尿道口までまっすぐに伸びており、長さは4~5cm程度と短くなっています。性行為によりクラミジアは尿道口から侵入し、尿道の粘膜の細胞内で増殖し尿道炎をおこします。

クラミジア以外の細菌による尿道炎

クラミジア以外の細菌などが感染し尿道炎をおこす場合もあります。免疫力の低下や、不潔な手で陰部に触れるなどの行為が原因となることもあります。この場合の潜伏期間は3日から数週間程度で、クラミジアと比べて排尿痛や残尿感などの症状が現れやすいとされています。

気になる症状と思い当たる事があれば

クラミジアに感染した可能性がある性行為をしたあと、1~2週間の潜伏期間を経て尿道炎などの症状が現れた場合には早めに検査を受けることをお勧めします。
自覚症状がなくても性行為から3日程度経過すれば検査方法を受けることができます。

クラミジアは症状が落ち着いても、自然に治癒することありません。放置せず病院・クリニックなどで性病検査を受け、医師の指示の下、抗生剤による治療方法を受けるようにしてください。

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎