クラミジアの症状は男性の場合、尿道炎から始まる!進行した場合の病状とは

男性のクラミジアの症状とは

クラミジアは性感染症のひとつで、クラミジア・トラコマチスという細菌が感染することで発症します。

この細菌は、下着や服などに付いただけでは生きられず、細胞内に入り込むことで生きていくことができる細菌です。そのため膣内や尿道などの
粘膜の接触を感染経路として、感染拡大する性病です。

男性の場合はクラミジアが尿道感染すると、尿道炎や精嚢炎などを起こすほか、男性器以外の粘膜である咽頭感染の場合、扁桃腺・喉などにも症状が現れます。

ここでは主なクラミジア感染症の症状や、他の感染症との違いについて詳しく説明していきます。

男性の主な症状は尿道の炎症から

男性はクラミジアに感染すると、
尿道に炎症が起こります。

男性の場合は、排尿痛や尿道口のかゆみなどが現れますが、症状が軽いことも多いため見逃されやすいといえます。女性の場合は、尿道に感染すると尿道が短いため、膀胱炎も併発することが多くなっています。

尿道炎は症状が軽いこともあり、知らない間に自分が感染源となり、他の人に感染が広がる可能性も。感染が膀胱や睾丸などにまで及んだ場合、
不妊症などの原因にもなるため注意が必要です。

男性器に発症する場合の症状

尿道炎をはじめとする、男性器に現れる症状について詳しく見ていきます。自覚症状が少ない場合があり、それぞれの病気の特徴や違いについて知ることが大切です。

男性クラミジア性尿道炎

性行為により、
尿道の粘膜からクラミジアが感染します。
クラミジアは口腔内、膣内、尿道内などの粘膜の中にいるため、コンドームを使用せず性行為を行うと高い確立で感染してしまう危険性があります。

クラミジア感染症の潜伏期間は
1~3週間程度で、感染していても感染初期では自覚症状が乏しいため、感染していることに気が付かない場合もあります。

症状

主症状は尿道の違和感や排尿痛で、尿道から膿のようなものが出ることもあります。

検査方法

検査方法は採尿して検査を行うことで感染を確認することができます。

精巣上体炎

精巣上体とは、精巣の横にあり、副睾丸ともいわれるものです。
精巣で作られた精子は精巣上体に一時的に蓄えられた後、精管、尿道を通って射精されます。

クラミジアに感染すると、尿道から炎症が広がり
精巣上体で炎症を起こすこともあります。

症状

急性精巣上体炎を発症すると、陰嚢が腫れる・痛む・陰嚢部に熱を持つことがあります。場合によっては、全身が発熱することもあります。

検査方法

クラミジアによる精巣上体炎の診断は、尿検査や血液検査で行われます。尿や血液に、白血球やクラミジアのRNAやDNAが含まれているかを調べることで診断がつきます。

約1~2週間、抗生物質を内服し治療します。陰嚢に膿がたまり、抗生物質が効かない場合は、切開して膿を出す場合もあります。

精嚢炎(せいのうえん)

精嚢とは膀胱の裏側に左右1対ある生殖器で、精子の貯蔵と精液の成分を製造する役割を持っています。

症状

急性精嚢炎を発症すると、尿道や下腹部の痛みを感じることがあります。この症状は
同時に尿道炎を起こしている場合が多いため、尿道炎の症状も現れます。また、射精時の痛み、血尿などのほか、炎症が進行すると前立腺炎を起こし、高熱が出る場合があります。

男性器以外に発症する場合の症状

男性器以外の粘膜にクラミジアが感染すると、扁桃腺や咽頭で炎症を起こすことがあります。ここでは、症状について詳しく見ていきます。

扁桃腺炎

扁桃腺とは、のどの奥の両脇に見えているふくらみのことで、細菌やウイルスの感染から身体を守る免疫の働きを持っています。クラミジア感染による扁桃腺炎は、
主にオーラルセックスで感染します。

症状

扁桃腺炎の症状は、扁桃腺の痛みなど
風邪に似た症状で始まることが多いため、クラミジアに感染している事に気が付かない場合もあります。

咽頭炎

咽頭は鼻の奥から食道につながる部分のことで、クラミジア感染はクラミジア感染者とのオーラルセックスやディープキスにより起こります。自覚症状が少ないため、感染していることに気が付かない場合が多く見られます。

症状

咽頭クラミジアの場合も自覚症状は乏しく、扁桃腺炎と同様に喉の違和感・咽頭痛・発熱などの
風邪に似た症状を発症します。

間違えやすい病気

クラミジアと間違えやすい病気には、淋菌やマイコプラズマへの感染があります。それぞれの特徴や症状について、解説していきます。

淋菌感染症

淋病とは、淋菌という細菌が感染することで起こる性感染症のひとつで、粘膜の接触により感染。尿道に淋菌が感染した場合、
2~10日程度の潜伏期間を経て淋菌性尿道炎を起こします。

症状

主な症状は排尿痛や尿道から粘性の強い黄色や薄い緑色の膿が出る場合などがありますが、症状が軽いこともあります。
淋菌と同時にクラミジアなどの性感染症に感染している場合もあります。

非淋菌感染症

クラミジアやトリコモナスなど淋菌以外の細菌や微生物が原因となる性感染症のことをいいます。

淋菌に比べて潜伏期間が長いことが特徴です。トリコモナスはトリコモナス原虫という微生物の感染によるものですが、男性はほとんど症状があらわれません。

マイコプラズマ感染症

マイコプラズマという細菌の感染による性感染症のひとつで、マイコプラズマ肺炎を起こすものとは種類が異なり、
近年患者数(感染者数)が増加傾向にあるといわれています。

約1~5週間の長い潜伏期間を経て、尿道炎の症状が現れます。尿道のかゆみや排尿時のチクチク・ピリピリした違和感を発症しますが、症状は軽い場合が多くなっています。

ウレアプラズマ感染症

ウレアプラズマという細菌の感染による性感染症のひとつです。

マイコプラズマ感染症と同様、尿道炎を起こし排尿時の違和感や尿道のかゆみなどが現れます。比較的症状が軽いため、気が付かない場合が多いといわれています。尿道のかゆみや排尿痛に加え、分泌物が出る場合もあります。

不妊になるのかどうか

男性の不妊

クラミジアによる性感染症は比較的症状が軽いため、気がつかない場合が多く、炎症が広がってしまうことがあります。炎症により精子の通り道である精管などに癒着が生じると、精子が通過できず男性不妊の原因となる場合があります。

女性の不妊

クラミジアの感染による影響は男性だけではありません。女性がクラミジアに感染すると、子宮付属器炎という子宮内膜炎や卵管炎、骨盤腹膜炎などを起こし、子宮頸管や卵管が癒着することにより不妊になる可能性があるのです。

このため、クラミジアの治療はパートナーも一緒に行うことが大切です。

まとめ

クラミジアによる性感染症は、粘膜を通して感染します。
比較的自覚症状が軽い場合が多いため、気がつかないままに感染が拡大してしまう恐れがあります。

治療をして症状が一旦落ち着いても、クラミジア感染症が完全に治ったということではありません。完治させるためには、
適切な治療薬を適切な期間は内服するなどの治療を続け、医師の判断で治療後の確認検査を受けることが必要となります。

さらに感染を予防するために、不特定の人との性行為を行う、コンドームを使用しない性交渉をするなど、不安のある性行為は避けるということも大切です。

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎