風邪症状だと思っていたのに……クラミジアが喉に感染するとどうなるの?

咽頭クラミジアとは

クラミジアは粘膜を通じて感染する性感染症(STD)の一つです。女性の多くは自覚症状がないのが特徴となっていて、オーラルセックスを通して感染し、男性の喉に感染してしまうことが多いのです。咽頭クラミジアは喉の痛みや微熱が続くなど、風邪に似た症状が出ることが特徴のため、気にかかることがあった場合には、早めに検査を受けた方が良いとされています。

咽頭クラミジアとは

クラミジアは細菌の一種で、感染症を引き起こすことで知られています。非常に感染力が強く、主に性行為を介して感染するのが特徴です。
クラミジアは人の粘膜で増殖するため、性器だけではなく、咽頭に住みついて感染症を引き起こすことがあります。クラミジアに感染している女性は自覚症状がないことが多く、潜伏期間があることから、日本で最も多い性感染症の一つとされています。

一般的に、潜伏期間は1週間から3週間ほどであるとされています。症状が治まっても菌自体は残るため、妊娠時の検査などを受けて初めて分かるケースも多いのです。
不特定多数の女性との性行為はリスクがあるだけでなく、風俗などのオーラルセックスを介して男性に感染することも珍しくないのが特徴です。また、性行為をしなくてもディープキスを介して感染するリスクがあります。口の中に傷がある場合や免疫力が落ちている場合は感染リスクが高まります。

咽頭クラミジアの詳しい感染経路についてはコチラの記事を参考にしてください。
http://danseiki.jp/kuramijia-kiss/

咽頭クラミジアの症状

咽頭クラミジアの症状は喉の腫れや痛み、微熱などが挙げられます。風邪の症状と酷似しているため、間違われることが多いのが特徴です。
市販の風邪薬などを利用してもなかなか治らない場合や、不自然なほど長引く場合は一度疑ってみた方がいいでしょう。慢性化する可能性があるため、医療機関での確認は重要になります。また咽頭クラミジアに限らず、クラミジアに感染するとエイズの感染率が高くなることが知られています。自覚症状はなくても危険が増すことを覚えておくことが必要です。

症状に気づいたら

咽頭クラミジアは他人にうつる可能性がある病気です。人との性的接触を避けるだけでなく、ディープキスを避けるなど人にうつさないように配慮する必要があります。
咳などを通した飛沫感染の恐れはないものの、性行為をすると高い確率で感染してしまいます。クラミジアは細菌による感染症のため、症状がなくなっても菌がなくなったわけではありません。
自覚がないままクラミジアを持ち続け、再発を招くだけでなく、感染源となってしまう場合があるのです。
カップルや夫婦で繰り返して感染を繰り返すケースもあるため、二人で治療を受けることも大切なポイントです。疑いがある場合は早めに検査を受け、治療を受けた方が良いのです。

検査の方法

咽頭クラミジアの症状がある場合は、検査キットなどを使って調べる方法と医療機関で診察を受ける方法があります。
検査キットを利用した検査は人と顔を合わせなくても検査を受けられるのが特徴です。唾液などを採取し検査機関に送ることで感染しているかどうかを判別します。ただし、検査キットを分析機関に送らなければならないため、結果が出るまでに時間が掛かります。
検査結果も郵送で送られてくることが一般的で、往復で1週間程度かかることも珍しくないのです。結果がわかるまで周囲に感染リスクを持ったままであるだけでなく、感染していることがわかった場合も病院で治療を受ける必要があります。初診で追加の費用が掛かることもあるため、割高になってしまう場合がありますので、初めから病院での検査がベターです。

病院での検査は性病科か耳鼻咽喉科で受ける形になります。性病科では、即日結果が出る場合がありますので、確実さやスピードを求める場合におすすめです。
耳鼻咽喉科で検査を受ける場合は咽頭クラミジアの検査を行っていない病院もあるため、事前の確認が必要です。

咽頭クラミジアの治療法

咽頭クラミジアには市販薬が効かず、病院で抗生物質などの処方を受ける必要があります。クラミジアには薬に対する耐性を獲得している場合があるため、特に注意が特徴です。
クラミジアの特性に合わせた薬を処方しなければならないため、しっかりと検査を受けて集中的に治療を行う必要があるのです。長期間感染すると薬に対する耐性を獲得しやすくなるため、早期に治療することが重要になります。抗生物質の処方を受け、検査でクラミジアが検出されなくなったら初めて治療が完了(完治)します。症状が治まっただけでは治ったとはいえず、再発や再感染の恐れがあります。しっかりと治ったことを確認することが大切なのです。

まとめ

クラミジアは性器だけでなく喉に感染し、風邪に似た症状を引き起こします。自覚症状に乏しく、長期化することで他の人に感染を広げてしまうリスクがあります。医療機関でしか治療を受けられないため、早めに検査を行うことも大切になります。治療が遅れると菌が薬に対する耐性を獲得し治療が長引く恐れもあるため、気になることがあった場合には直ちに確認し、しっかり治療することが重要なのです。

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎