尿道がしみる・痛い時はクラミジアが原因?症状を把握してしてすぐに対策を

尿道がしみる

クラミジア性尿道炎は排尿時に尿道がしみたり、排尿痛などの症状がある性感染症です。
ただし症状が軽い傾向があり、感染しても症状を感じにくいため、気づかないままパートナーにうつしてしまうことがあります。また、放置していると尿道の奥にある前立腺が感染して前立腺炎に移行することもあります。
症状を的確に把握して、検査で感染の有無を確認することが重要です。

クラミジア特有の症状とは

クアミジア性尿道炎はクラミジア・トラコマティスという病原菌が原因で、感染者との粘膜接触や体液を介して感染します。
症状としては、排尿時に尿道がしみたり、軽い排尿痛、尿道の痒みや尿道から膿が出るなどが挙げられ、悪化すると発熱を伴うこともあります。

淋病性尿道炎は黄色い膿が大量に出るので、すぐ感染したことが判りますが、クアミジア性尿道炎は透明・乳白色な粘液のような膿で、量が少なく、亀頭に貼りつく程度だったり、下着がシミになる程度なので見落としてしまうこともあります。このように、感染していても症状を感じにくいことが多く、放置しておくことで、前立腺炎や精巣上体炎(副睾丸炎)になることがあるのです。

尿道の炎症についてはこちらの記事でも紹介していますのでチェックしてみて下さい。
尿道炎について

尿道がしみる理由

尿道口から侵入した病原菌が尿道の粘膜に感染し、尿道で炎症が起こります。これが尿道炎で、最初は尿道の先端がムズムズする、痒いなどの違和感や不快感となって現れます。
症状が進行すると痛みを伴うようになり、排尿時にしみるような痛みを感じるようになります。それとともにサラサラした水のような透明・乳白色の膿が少量だけ出ることがあります。
この膿も尿道の炎症部分から排出されます。そもそも粘膜は外部からの侵入に対するバリア機能が弱く、病原菌に感染しやすい場所となっています。
しかし、尿道炎のような感染症は病原菌が体内に侵入した時点ではなく、病原菌が体内で増殖して免疫能力の範囲を超えてしまった段階で、感染・発症とみなされます。

クラジミアではない場合

排尿時に尿道がしみるなどの症状はありますがクラミジアではない場合、トリコモナスと淋菌による尿道炎の可能性があります。
トリコモナス感染症はトリコモナス原虫という0.1mm程度の寄生虫による感染症で、男性の場合はほとんどが無症状で、極まれに尿道炎・前立腺炎・精巣上体炎を引き起こします。
尿道炎や前立腺炎を発症すると、排尿時にしみたり痛みが出ます。淋菌の場合は、排尿時に尿道がしみる症状が出ますが、一定の時期だけでも、想像以上に増殖が速いため、すぐに排尿が困難になるほどの激しい痛みに変わり、粘り気のある乳白色や黄色の膿が大量に排出されます。

症状が当てはまる場合の検査方法

排尿時に尿道がしみる場合、クラミジアおよび淋菌性尿道炎の疑いがあるので、クリニック等で検査を受ける必要があります。
それでも医療機関を受診するのがためらわれる場合には、国の認可を受けた検査専門機関がありますので、そこを利用することもできます。
通常の尿検査と同様に、尿を採取して検査しますが、自宅で採尿し、検査機関に尿を郵送する方法です。オプションでマイコプラズマおよびウレアプラズマの検査もしてもらえますが、検査の結果まで約1週間ほど時間がかかるという所と、咽頭への感染を調べるうがい検査なども含めると専門のクリニックなどで診察を受けることが望ましいかと思います。

何科で検査するのが良いのか

排尿時に尿道がしみる症状が出る場合、クラミジアおよび淋菌性尿道炎の疑いがありますので、できるだけ早く医療機関を受診してください。
受診される科は泌尿器科もしくは性病科になります。出来るだけ早く検査を行い、感染が早い段階で見つかれば、治療も短期間で終わるとされています。

検査内容は血液検査や尿検査が一般的で、感染が確認された場合は すぐに治療が始まります。
クラミジアおよび淋菌性尿道炎に適応した抗生剤による治療が行われます。治療が終わったら再検査で陰性になっているかをきちんと確認して、OKであれば治療終了です。

パートナーも感染している場合がほとんどですので、その場合は2人とも検査と治療が必要となります。
淋菌は耐性菌が増えており、治療薬が限られていますので、医師の指示をしっかりと守ることが重要です。

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎