尿道炎とは?男性が感染する菌の種類と症状

感染する病原菌

尿道炎のほとんどが感染症で、性行為を介して病原体に感染します。
症状としては尿道からの膿、排尿痛、尿道のかゆみ、尿道の不快感など様々です。

感染者が相手であれば必ず感染するわけではありませんが、粘膜接触や体液を介して感染しますので、一般的な性交渉だけでなくオーラルセックス(口腔性交)でも感染するとされています。
ここでは男性の尿道炎の種類と症状についてご紹介していきます。

男性の尿道炎の症状と種類

尿道炎の症状は、尿道からの膿、排尿痛、尿道のかゆみや不快感などで、膿の色は白色、黄色、白色、透明などいろいろです。

膿は大量に出ることもあれば、ごく少量しか出ない場合もあります。足のリンパ節(鼠径部)が腫れて痛んだり、副睾丸(精巣上体)が腫れることもあります。ただし、感染していても全く症状がでないこともあります。尿道炎の多くは性行為によって病原菌が尿道に侵入し、感染することで発症します。
原因となる病原体は淋菌やクラミジアが最も多く、他に細菌(大腸菌、ブドウ球菌など)、皮膚や粘膜の常在菌、ウイルス、原虫(トリコモナスなど)、真菌(カンジダなど)、真正細菌(マイコプラズマやウレアプラズマ)などです。また、1種類でなく数種類の病原体に感染することがあります。

淋病性尿道炎の症状と感染原因

症状として、尿道からの膿、激しい排尿痛、尿道のかゆみや不快感などに加え、精巣上体(精巣の上部組織)の腫れや発熱が挙げられます。
尿道からの膿の量は多く、乳白色や黄色で粘り気があります。治療せずに放っておくと、前立腺炎になることがあり、無精子症にまで進行することもあります。原因は淋菌の感染です。

粘膜接触や体液を介して感染するので、風俗店でのオーラルセックス(口腔性交)による感染が多いともいわれています。
淋菌は尿道、口腔、咽頭、目、肛門など暖かく湿った場所で増殖しますので、粘膜接触だけでも伝播していきます。そして淋病は耐性菌が出現する頻度が高いとされ、治療で死滅しなければ、再発する危険性があります。症状が軽くなったからと自己診断せず、必ず医師の指示に従ってください。

非淋病性尿道炎の症状と感染原因

非淋菌性尿道炎とは、淋菌以外の病原体に感染することによって発症する尿道炎のことです。原因は細菌(大腸菌、ブドウ球菌など) 、ウイルス、原虫(トリコモナスなど)、真菌(カンジダなど)、真正細菌(マイコプラズマやウレアプラズマ)、クラミジアなどがあります。
症状は病原体の種類によって異なりますが、尿道から透明や乳白色の膿が出たり、排尿痛、尿道にかゆみや不快感を感じます。自覚症状が乏しいこともあり、適切に治療しなかった場合、炎症が精巣や精巣上体(精巣の上部組織)へと拡大してしまいます。
これら非淋菌性尿道炎も性行為よって感染しますが、不衛生な手で尿道付近を触ることでも感染します。疲労がたまっていたり、他の疾患で免疫力が低下していると発症しやすくなりますので注意が必要です。

クラミジア性尿道炎の症状と感染原因

症状として尿道からの膿、軽い排尿痛、尿道のかゆみや不快感などに加え、精巣上体(精巣の上部組織)の腫れや軽度の発熱があります。尿道からの膿は乳白色で、粘り気のある膿や粘り気がない場合もありますが、量は少なめです。クラミジアトラコマティスという病原体が原因で、感染者から粘膜接触や体液を介して感染します。

感染しても症状が出ないことが多く、治療せずに放っておくと、尿道の奥にある前立腺が感染して前立腺炎に移行する場合があります。また、気づかないままパートナーへうつしてしまうこともありますので注意が必要です。
女性の場合、不妊症や子宮外妊娠の原因となりますので特に注意が必要です。このクラミジアはもっとも多い性感染症であるとされています。

非クラミジア性非淋病性尿道炎の症状と感染原因

尿道からの膿、軽い排尿痛、尿道のかゆみや不快感などの症状があります。尿道から出る膿は少量で、白乳白色(黄色気味もある)をしており、粘り気のあるものからサラッとしたものまであります。

クラミジア感染症と同じで、症状が軽く、自覚症状がない場合もありますが、放っておくと、まれに精巣上体炎や前立腺炎に発展するケースが見られます。クラミジアと淋菌以外の病原体が原因であるため、非クラミジア性非淋菌性尿道炎と呼びますが、クラミジアや淋菌と同様に性行為を介して感染します。精神的なストレスや肉体的な疲労が溜まったり、風邪をひいた場合には免疫力が低下しています。
このようなときは、体内に侵入してきた真正細菌(マイコプラズマやウレアプラズマ)などに感染し。尿道炎を発症します。

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎