ペニスにニキビが!これって性病?

ペニスのニキビは病気なのか

ペニスにニキビのような突起物が出ていたら誰でも気になるものではないでしょうか。
性病ではないかと疑ってしまいますが、性病ではなく自然発生するものがあります。
ここではペニスのニキビに見えるさまざまな現象や症状についてご紹介していきます。

問題ないもの

ペニスにニキビ状の突起ができる生理現象が存在します。

・フォアダイス

フォアダイスは脂肪などが皮膚の下に固まって出現するもので、ニキビのように盛り上がることが特徴になっています。ニキビは毛根にアクネ菌などが発生することによっておこりますが、フォアダイスは毛根がない場所でも何らかの原因で発生するものとされているのです。
ニキビは赤くなり、炎症がわかることが特徴ですが、フォアダイスの場合は赤みなどがないのが特徴で、触っても痛みはなく、痒みなどがないのもニキビと見分けるポイントといえます。

・真珠様陰茎小丘疹

亀頭周辺に大きさがそろったイボ状の塊(ぶつぶつ)が発生するのが特徴となっています。数が多いので、悪い病気ではないかと不安になりがちですが、成人男性の2割程度を悩ます生理現象の一つで、中身は脂肪の塊となっています。
かりくびに集中してできるのが特徴となっていて、かりくび以外にほとんど広がらないことも特色になっています。美容目的で切除する人もいるようです。

・脂漏性角化症

加齢によって発生するのが特徴で、老人イボとも呼ばれています。皮膚の良性腫瘍の1つで、代謝の異常や強い刺激などが原因となって皮膚が部分的に盛り上がってしまった状態のことです。体質的にできやすい人や若くても発生することはあるものの、良性腫瘍のため無害なことが特徴です。
色素が沈着しているケースが多く、ホクロのように見えることがあります。

性病はではないもの

性病ではないものの、ペニスが炎症を起こすなどの異常によって、ニキビ状の突起ができることがあります。

・毛嚢炎

毛嚢炎は毛穴に雑菌が入り込み、炎症を起こすことで発生します。陰毛周辺で発生することが多く、腫れた際の赤みや、中央部が白色や黄色がかった状態になるのが特徴です。見た目や発生の過程は白ニキビに似ていて、数が少なく傷みがない場合は自然治癒する場合もあります。
不衛生な状況や陰部(股間)が蒸れやすい状況になると悪化しやすいため、清潔にして刺激を与えないように注意する必要があります。

・化膿性汗腺炎

毛穴ではなく、汗を分泌する汗腺に雑菌が進入し、炎症を起こすことで発生します。股のしわの部分にできやすく、汗を出す部分がふさがれるなど、汗の分泌が正常に行われない場合に発生しやすくなります。
ドーム状のしこりになるのが特徴で、触ると痛みがあります。しこりの中には膿が溜まっているケースが多く、見た目だけでニキビと見分けるのは困難な場合があります。複数の化膿性汗腺炎が繋がって大きくなることもあります。
ペニスよりもその周辺にできることが多く、再発の可能性が高いことも特徴です。気になる場合は皮膚科などで薬を処方してもらうのが一般的になります。

性病が原因と考えられるもの

性感染症(STD)の場合は他人に感染するリスクがあるため特に注意が必要です。性感染症感染が疑われる場合は早めに病院で検査を受ける必要があります。

・コンジローマ

尖圭コンジローマとも呼ばれ、ウイルス感染によって引き起こさされる性感染症のひとつになっています。先端がとがったイボが発生しますが、痛みも痒みもないのが特徴です。ペニスでも場所を問わずに発生する可能性があり、陰嚢・肛門周辺や唇にまで感染してしまうこともあります。
潜伏期間が長く、感染経路を特定するのが難しいことが特徴となっています。自然治癒しても再発の恐れがあるため、病院で治療を受けるようにしてください。クリーム状の薬をぬったり、直接切除するなどの治療方法があります。

・性器ヘルペス

ニキビというよりも水ぶくれのような見た目になるのが特徴で、ヘルペスウイルスの感染によっておこります。免疫力の極端な低下で自然発生することもあり、他人からうつされたものばかりではない点に注意が必要です。
水ぶくれの中にはウイルスが詰まっており、他人だけでなく自分の体の他の場所にうつってしまう場合があります。痒みが発生するだけでなく、水ぶくれがつぶれると強い痛みを感じる場合もあります。治療には抗生剤などが使われ、塗り薬以外にも飲み薬が処方されることがあります。
感染力が強く、感染者がペニスを拭いたタオルなどを経由して他人にうつってしまうこともあるため、一度使ったタオルはしっかりと洗濯する必要があります。洗濯をすればウイルスは死滅するため、二次感染の恐れはなくなります。

まとめ

ペニスにできるニキビは、見た目が似ているだけでまったく違う病気ということが多くあります。素人判断ではわからないだけでなく、医師も実際に検査をしないと判断できないことがあるため、医療機関で検査・診察を受けることが大事になっているのです。
見た目だけで判断してしまうと、家族やパートナーに性病を広げてしまう可能性もあるため注意が必要です。
不安がある場合は性病科や泌尿器科(女性なら婦人科)など専門家である医療機関で検査を受けた方がよく、自分が感染源(感染経路)になるのを防ぐためにも重要なポイントになってきます。

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎