淋病はコンドームで防げない場合も?避妊具でも予防できない状況とは

淋病はコンドームで防げるの?

淋菌感染症(淋病)はコンドームを装着することで防ぐことができるのでしょうか。
コンドームは性病予防に効果的な道具ですが、「コンドームをつけているから大丈夫」と安心していると気付かないうちに、淋病感染してしまっている可能性も否定できません。

ここでは
コンドームを装着していても淋菌に感染するケース
どんなことに気をつければコンドームで感染予防ができるのか説明しています。

コンドームを装着していても感染するか?

淋菌感染症(淋病)の原因菌である淋菌は、感染者の粘膜や分泌物の中に潜んでいます。そのため、性交渉を行う時にコンドームを着用すれば、大幅に感染のリスクを低下させることが可能です。

しかし、性交渉の時にコンドームを着用していても淋病に感染してしまうケースもあります。

予防できないケースとは

コンドームの使用で、淋菌を含むあらゆる性感染症の原因菌・ウイルスへの感染リスクは低下させることができます。
ですが、完全には性病への感染を防ぐことはできません。

装着が完全ではないケース

正しい着用方法を守っていなかった場合、コンドームは十分な予防策とはいえません。
コンドームは、しっかりと勃起した状態で装着し、射精後は速やかに取り外してコンドーム内の精液がこぼれないように処分しなければなりません。

この装着方法を守らず、勃起が弱い状態でコンドームを着用したり、一度挿入して途中から使用したりすると、コンドームが途中で外れる、膣内で精液が漏れるなどしてしまい、淋菌などの性感染症に感染する可能性が高まります。

性器感染だけではない

パートナーや性行為をした相手が咽頭淋病にかかっていた場合には、激しいキス(ディープキス)により、咽頭淋病に感染してしまいます。咽頭淋病の症状は風邪に似ているため、感染していても気付きづらく知らぬ間に感染していることがあります。咽頭淋病は男性・女性共に症状は同じです。淋病は性器感染だけではないことも覚えておいてください。

感染経路の多様化

淋菌は体内の粘膜なら性器だけでなく、どの部位でも感染・繁殖するので、オーラルセックスなどのあらゆる性行為で感染していきます。

咽頭淋病の患者数が増加してきているのもセックス多様化が原因であるとされています。

セックスの多様化による感染拡大

今までは、性器同士の粘膜が触れることで淋菌が感染する、粘膜感染がほとんどでしたが、咽頭への感染が広がったことによって、その感染経路は幾通りにものぼり複雑化してきました。

喉から性器へ

咽頭淋病の感染者が、咽頭感染に気付かないままオーラルセックスを行い、相手の性器に淋菌を感染させるケース。

性器から喉へ

淋病に感染しているパートナーの外性器にオーラルセックスを行うことで、性器から喉に感染させるケース。

喉から喉へ

咽頭感染している感染者とディープキスを行うことで「喉から喉」に感染するケース

淋菌性結膜炎

性行為の際に、性器に手が触れることもあります。淋菌が付着した手で、目やその周辺に触れた場合、淋菌が角膜に感染し、淋菌性結膜炎という眼疾患になるケースもあります。

このように淋菌を含めたクラミジアなど性感染症の感染経路のパターンは何通りも考えられます。

正しい使用方法を

オーラルセックスを伴わない挿入行為を行う場合には、コンドームで感染予防できる確率は高くなります。
淋菌は、膣や尿道の粘膜や分泌物を介して感染するので、コンドームで遮断されていれば淋菌の経路を遮断することも可能だからです。

しかし、効果的に感染予防をするには質の良いコンドームを正しく使用する必要があります。

消費期限を守る

コンドームには消費期限というものがあります。消費期限を過ぎていると、素材が劣化してしまい破れやすくなってしまうので、消費期限を過ぎたコンドームは使用しないようにしてください。

保管状態による劣化

高温な保管場所や摩擦で傷がつきやすいポーチの中などに長時間保管していたコンドームは、変形してしまう、小さな傷がついてしまうこともあります。少しでも傷が付いていれば、そこから体液(精液や膣分泌液)が漏れ出たり、粘膜同士が接触したりして感染経路になってしまうので、注意するようにしましょう。

化学反応による劣化

コンドームを扱う際には手にハンドクリームや軟膏などの薬がついていないかも大切なポイントとなっています。薬の種類によってはコンドームの素材を劣化させてしまう危険性があります。

誤った保管方法や使用方法でコンドームを取り扱うと、たとえ自分ではしっかりとコンドームで感染予防をしているつもりでも、感染リスクが高まってしまうので注意が必要です。

まとめ

コンドームは、淋病の感染リスクを低下させることができる道具です。しかし、コンドームをつけてさえいれば性病に感染しないとは言い切れません。
コンドームの感染予防効果を高めるためには、質が良く・自分のサイズに合ったコンドームを正しく装着することが重要です。
また、オーラルセックスの場合にも、コンドームを着用すれば咽頭への感染や、咽頭から性器への感染を防ぐ効果が高くなるため、性行為の時はコンドームを着用するようにしてください。

そして、なにか気になる症状や異変などがある場合には、病院・クリニックなどの医療機関で専門家である医師の指示の下、検査・治療を行なってください。

まずは専門医に相談を

新宿駅前クリニックでは、皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科を併設しており、平日夜19時まで診療を行っている専門の医療機関です。

メディア・記事の監修ドクター:新宿駅前クリニック院長 蓮池林太郎